エッほんと!にっぽんの評判~!

水1リットルに昆布20グラムも使えば!旨みが濃厚なのは当たり前(笑)家族の多いご家庭だと!昆布代がバカにならないと思います。忙しい人こそ!手作りできる環境にあるのでは!と訴えかけられているようです。スープの素も、忙しい主婦や一人暮らしの方にもお薦め。

コレです!

2017年01月26日 ランキング上位商品↑

にっぽんにっぽんのパンと畑のスープ [ 白崎裕子 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

マクロビでは香辛料やニンニクを殆ど使用しないので!何故こんなに使われるのかが不思議です。が、植物性とはいえ、ブールとカンパーニュ以外は生地に油を入れるものばかりです。。すべてオーガニックで、純植物性で作れるというところも、ポイント高いです。買って正解でした。これから手軽に!いつでも美味しいパン作りができるので嬉しい。他にも素を使わなくたって、簡単にできるスープが載っているので手軽に美味しく作れそう。本の雰囲気がとてもいいなぁ〜!と思い購入しました。パンは敷居が高いけど簡単そうなところから試してみたいです。ちなみに炒めたまねぎストックは、にんにく抜きで作りました。キノコスープの素!すばらしい。この本は、ベーシックなブールや丸パンから、ベーグル、ピザ、ライ麦パン、ピタパン等々の他にナンや花巻まであって、どれもこれも本当においしそう!全部作れたら、一生パンに困らないかも。我が家は2人暮らしですが、それでも20グラムは贅沢で使えないです(^_^;)スープの素はコショウやニンニク多様なものばかり。この作り方なら!本当に簡単に美味しいパンが焼けそうです。日本人の体質にあう「地粉」。みそスープの素も!完全ににんにくの味。きのこスープは分量通り作れば、にんにくの味しかせず、スープとしては味付けがもの足りず。スープを作る時のアク抜きのワザはカレーで試した所、コンソメなどを全く入れなくても凄く美味しく出来ました。最終発酵でダレた生地でも、香り良く美味しいパンにはなりました。イメージ通り、写真や考え方に温かみや優しさを感じる内容でした。バターも卵も使っていないのに、粉の味がしっかりして、何もつけなくても最高に美味しかったです。作ってみてビックリ!パン作りは初めてでしたが!直焼きマフィンができました。<更に追記>2015年4月に「白崎茶会のかんたんパンレシピ」を購入したところ!一晩とは12時間以上置くことだそうです。国産小麦のパンのレシピであっても!バターや卵が入っていたり!天然酵母じゃなかったりするものが多くなかなか満足するものに巡り合いませんでした。筆者のあとがきも!とても愛にあふれていて素敵でした☆迷っている方は一読してみる価値はあると思います。ニンニク無しか控えて作ってみます。パンを作るほどのやる気がないので、スープだけ作ってみています。地粉の性質を見事に利用しており、しっかりと解説もされていて、目からウロコでした。加熱時間は15分ですが!冷ます時間まで含めると!完成までに1時間かかります。(その日の気温や湿度で、±〇ccね、って解る素人はいない)また、最終発酵をしていると、どんどん生地が横にダレていきます。早速この作り方を試してみようと思います。簡単でシンプルで!飾らず!でも作ってみたい!食べたい!と思わせる内容でした。その後!同じ南部地粉の準強力粉に替えたところ!コネやすいし一次発酵の生地も袋から取り出し易く!扱いやすくなりました。たまねぎストック、本当に大活躍です☆レシピは、丁寧にポイントを押させて書いてあるので、お料理初心者でもわかりやすいのではないかと思います。そして、ほとんどこねずに器具もほとんど使わず、パンが作れるのようなので、とても画期的だと思いました。また、前半でアガベシロップを多用しているのですが、今ではアガベシロップは肝臓に負担をかけるから良くないと言われているそうです。初心者の私でも作れてました。粉は準強力粉を使った方が良いと思います。地粉の美味しさに、大感激です。写真もなんか可愛いのに迫力があり!全て美味しそうに見えるので!見ていても飽きない。また、「要調節」と書きつつ「一度に全部入れる」という水分調節は、難しいと思います。早速色々作ってみました。パンの友もたくさん載っていて!かなりお得だなぁと思います。おそらくグルテンがちゃんと出来ていないからだと思うのですが・・・。レシピは特殊材料(有機天然酵母豆乳ヨーグルトやアガベシロップ)を使うものがほとんどで少しとっつきにくいかなー??家にあるものを代わりに使ってそれっぽく作ってもこの本の主旨「にっぽんのパン」ではなくなってしまいそう…でも本を手にとって、食べ物へのこだわりや体へのいたわりを考え、心への安らぎを感じるのもいいと思います。中でも一番のお気に入りは玉ねぎスープ。本より自分の経験値の方が上でした(笑)次は長時間冷蔵庫へ入れてみます。どれもにんにくの量が多いです。本屋さんで何回も下見しちゃいましたが、(本屋さんごめんなさい)どうしても手元に欲しくて購入しました。ちなみに。ドミグラスルウはまだ作っていないので、にんにく控えめで作りたいと思います。全て作りたい!と、思ったレシピ本は初めてでした。ホワイトルウは、豆乳の味を消してくれて、私は美味しかったのですが、子供が『からい』と言って食べてくれませんでした。普段からパン焼きには準強力粉&微量イーストを使いオーバーナイトで焼くのですが!地粉は使ったことが無く・・・有機天然酵母を使ったパンも食べてみたくて購入。きのこスープの素を作り!青菜を入れてスープを作ったのですが!これまた感動!旨味たっぷりで!何時間も煮込んだようなスープが出来て!これも最高に美味しかったです。ただ!ひとつだけ気になるのが昆布水。妻の要望で購入しましたが、機能性もよく、料理に重宝しています。久々に買ってよかったレシピ本でした。スープの素を半量にして、薄口しょうゆを入れてみたら、食べられる味になりました。いたく創作意欲をかきたてる本でした。写真もとっても美味しそうで!読んだだけで嬉しくなってきました。とにかく材料もシンプル!体に優しい食材ばかりで、一度揃えてしまえば、この本の中で色々使い回せそうです。有機天然酵母は雑菌の心配もなく、安心で、初心者の私でも凄く扱いやすくて良かったです。まだすべてのレシピは作っていないのでマイナス1ポイントにしてます。なるべく体に安全なものを手作りで作りたい方へ、キッチンに立つのが楽しくなりそうな本だと思います。何冊かパンの本を持っていて自分なりに作っていましたが!この本のパンの作り方の画期的さには驚きました。かなり自分好みのレシピでした。1つずつ作っていきたくなる内容でした(^^)まだ!読み砕いている段階で一つも作っていないのですが!作ってみたいものもかなりありましたほんのサイズが小さいので通勤の時にもバックに入れて時間があれば読んでいますパン作りが目的でしたが!スープなど他のものに目が行ってしまっています手創りやご家族の健康を考えている方にはお勧めですこの本を見ると!たくさんストックを作りたくなります☆パンはまだ作っていませんが!スープはいくつか作ってみました。今までのイーストでオーバーナイトと同じように9〜10時間ほどで発酵していたので冷蔵庫から出し次の工程へ移っていましたが、やはり、グルテン形成には長時間が必要みたいです。多分!にんにくの味がきついからだと思います。とってもおいしかった。スプレッドは純植物性とは思えない味で、本当に驚きました。‘ドロップケーキ’はオススメです。バリエーションなしで18種類ものパンが載っているし!さらにスープの素や色んな副菜も紹介されており!ものすごく充実した一冊。国産小麦で、しかもビーガン仕様のパンレシピを探していたので、求めていたのはこれだ!!と思いました。<追記>本オススメの地粉(中力粉)を使って何度かブールに挑戦しましたが!最終発酵で生地がダレてフォカッチャと化していきます。ブールは苦戦続きですが、ベーグルは問題無く焼けました。さっそく、生活に取り入れていきたいです。また!ビニール袋の口の縛り方も!グルグルの根元から2センチ上だとか。他のも徐々にトライしていきます。12時間前に発酵が進んだ場合はグルテンが出来ていないので、野菜室から冷蔵庫に移して12時間以上になるまで保管。